合宿免許の料金支払いはローンの利用も可能

合宿免許の料金支払いはローンの利用も可能 合宿免許の料金の支払い方法には、現金やクレジットカードのほか、ローンを利用することもできます。
手順としては最初に通所したい自動車教習所を決めたうえで合宿免許の申し込み予約を行い、決定後に決済方法を選択します。
ローンは20歳以上であれば本人名義、20歳未満も基本的には本人名義での申し込みとなりますが、保護者の同意が必要です。
一般的に36回払いまで可能としているケースが多く、月々の支払額は回数に応じて変動しますが、総額25万円として計算すると月々約1万円の支払いなら32回程度、月々約2万円では概ね13回払いとなります。
回数が多いほど支払総額が多くなり、この場合は金利を平均的な13.2%と仮定すると、32回払いで総額約30万円、13回払いで約27万円となりますから、特別な事情が無い限り支払い回数を少なくした方が無難です。
申し込み後に審査が行われ、審査に通らなかった場合でも現金で支払えば問題ありません。

合宿免許の料金の支払い方法!一括払い以外の方法もある?

合宿免許の料金の支払い方法!一括払い以外の方法もある? 合宿免許の料金の支払い方法ですが、基本的には現金一括払いです。
窓口で申し込みをするときに現金でまとめて支払いをするという方法のほか、後から振込用紙が送られてきたり、指定の期日までに指定の口座に振り込みをしたり、学校によってさまざまです。
いずれにしても料金を振り込まないと入校ができないので、合宿が開始するまでに支払いをしなければなりません。
合宿免許にも銀行のカーローンが利用できます。
銀行のカーローンが最も金利が低い方法ではないでしょうか。
生協ローンを利用するという手もありますが、生協ローンはやや金利が高いです。
クレジットカード決済に対応している教習所ならば、クレジットカードで支払いをして後からリボ払いなどに変更するという手も使えます。
リボ払いの手数料は年15%となっていることが多く、生協ローンよりもさらに高金利であることに注意です。
ローンを組んだり、分割払いにしたりすることも可能ですが、教習所に対しては基本的に一括で支払います。