手続きでは料金に注意

手続きでは料金に注意 合宿免許は自動車教習所に通うよりも費用は安くなっていますので、お得に自動車免許を取得できることから大学生や専門学校などの学生に人気があります。
しかし、正式に契約の手続きをする際によく契約事項を読んだ上で申込むことが大事です。
もし合宿免許に通った際に相性があまりにも合わなかった時に途中で辞めることができますが、その場合に一度支払ったお金は戻ってこないという契約になっていることがあります。
そうした契約内容になっている所は避けるべきです。
トラブルの原因になりやすいので、利用しないことが無難です。
また料金内容がいまいち曖昧でよく分からないと感じた所も避けた方が無難です。
それは、別途追加でお金を請求されることもあるからです。
以上のようなことを踏まえて、信頼できる合宿免に申込む必要があります。
その場合に、インターネット上にある合宿免許に関する口コミ情報サイトを利用して評判が良い所を探します。
評判が良ければ信頼できます。

合宿免許での平均的な料金と必要になる書類

合宿免許での平均的な料金と必要になる書類 合宿免許に参加する場合は必要な書類などがありこれらを忘れると参加することができません。
そして、教習所が遠方である場合簡単に自宅に書類を取りに帰ることができないので注意しなければいけません。
まず、本籍地が記載されている住民票です。
教習所に入校する本人のもので、外国籍の人は国籍が正しく記載されているものがいります。
次に、健康保険証やパスポート・住民基本台帳カードのいずれか一点の原本がいります。
証明書と住民票の住所が同じでなければいけません。
合宿期間中も万が一期間が切れてしまう場合には、入校までに更新しておく必要があります。
料金の面では、自宅から通うことができる通学と遠隔地の教習所に宿泊しながら学ぶ合宿免許があります。
教わる教習や内容・学科の時間数などは全て同じですが、通学の場合は卒業まで30万円ほどかかります。
合宿の場合は、空いているシーズンであれば20万円を切ることもありかなり安い料金で利用することが可能です。