親の同意書が必要

親の同意書が必要 合宿免許の教習所に通うと最短でも2週間ほどで運転免許を取得することが可能です。
また、こういった教習所というのは地方にある場合が多いうえに、近くに海やレジャー施設などがあることも多いため、免許の教習以外にも休日などを利用してレジャーを楽しむことができることも魅力のひとつとなっています。
そのため、運転免許をできるだけ早く手に入れたいと考えている学生さんなどは、自由になる時間がたくさんある夏休みなどを利用して旅行気分も満喫できる合宿免許に参加する人が多くなっているのです。
ただ、合宿中の2週間から3週間ほどの期間は自宅から離れて生活することになるので、未成年の学生さんが合宿に参加する場合には必ず親からの同意書が必要になります。
また、自宅から教習所通って運転技術を学ぶ通常の免許取得方法に比べれば、合宿免許の料金は比較的に格安です。
ただ、それでも高額であることは間違いありません。
ですから、料金を一括で払えない未成年の方の場合には、親に立て替えてもらうか運転免許ローンを組む必要があります。
しかし、契約者は学生であるため、教習所側は支払い時のトラブルを防ぐためにも同意書を必要としているのです。

合宿免許の料金の振込はネットバンクが良い

合宿免許の料金の振込はネットバンクが良い 正式に合宿免許の申込みを済ませると、その後に料金を支払うことになります。
この時に使用する銀行は、ネットバンクを利用するのがベストです。
合宿免許の料金は20万円近くかかりますので、その場合に振込先の銀行が違うと手数料が結構かかってくるという欠点があります。
ですがネットバンクには振込手数料が無料になるサービスがありますので、このサービスがあることから無駄な手数料を支払わずに済むようになります。
意外と知らない方もいらっしゃいますので、知っておきたい知識です。
ネットバンクによって月に何回までこのサービスを利用できることが多いので、もし利用されている場合には何回まで手数料が無料になるのか確認しておきましょう。
また仮に口座を所有していない人は、この機会に1つは口座開設をしておいた方が今後何かと便利になってきます。
都市銀行や地方銀行よりもネットバンクは使い勝手が良いので、1つくらいは所有しておくと日常生活で役立ちます。